インプラントについて

歯というのは、抜けてしまえば元に戻すことはできません。

しかし、現在の歯科治療では、歯が抜けたとしても代わりの人工歯根を埋め込むことが出来るようになりました。それがインプラント治療です。
インプラント治療をすることで、まだ抜けていない歯の負担を減らすことができ、結果的に歯全体の寿命を延ばしてあげることができると言われています。

しかし、そんな便利なインプラント治療でも失敗をしてしまうことがあるのです。

もちろん、インプラント治療を受ける前にちゃんと適応があるかを診断して、正確に手術を行なえば失敗をするということはほとんどないと言えますが、それでも失敗というのはついてまわります。事前に医師としっかり確認を取ることがもっとも重要と言えるかもしれません。

治療のやり直し

治療のやり直しということになると、歯科医にとってかなり高度な技術力が必要になるため、洗浄処置などでごまかす歯科医もいるようですが、歯科医にとってインプラント治療を行うということは、治療する能力だけでなく、トラブルにも対処できる能力も要求されることになります。

インプラントはチタン製の装置で、歯根に近い形をしています。チタンはほぼ100パーセント、骨の細胞が異物反応をすることなく近寄って骨につく性質があるようです。

インプラント手術を受ける前には、血液検査、口腔内検査、エックス線検査、CT検査などを行う必要があります。さらに持病や虫歯や歯周病がないかをチェックし、インプラントが抜け落ちてしまう可能性を防ぎます。また、CT画像でシミュレーションを行うことで、手術中に血管や神経を傷つけるリスクを軽減するようです。インプラントがあごの骨としっかり結合するためにはある程度の時間が必要になるため、通常は2回に分けて手術を行うことが多いようです。

ただし、チタンアレルギーの人や、骨粗しょう症の薬を服用している人などが、インプラント治療が制限されることがありようですので、治療を受ける場合には確認することが必要となります。

歯ブラシ選びのポイントは自分に合ったもの

今は情報社会なので、この商品がいいとか、この商品が完売で入荷待ちなどの現象が起こります。どの商品にも言えることなので、歯ブラシの例外ではありませんし、歯ブラシの種類は豊富です。

インフルエンサーなどがいいといっても、誰もが合うわけではありません。お口の状態は人それぞれです。歯並びや歯の大きさ、虫歯や歯周病があるかどうかなど違います。自分の口の状態に合わせてかたさや形状を選びます。

自分に合っていない歯ブラシを使用すると、磨き残しが生じてしまう可能性があります。自分の口の大きさに合っていない大きいヘッドの歯ブラシを使用すると、奥歯まで届かなかったり、細かい部分も磨きにくかったりということがあります。

磨き残しがあるとどうなるでしょうか。歯垢が残りやすいことで、細菌が繁殖して、歯肉炎や歯周病を招いてしまいます。自分に合った歯ブラシ選びはとても重要です。

ホワイトニングの効果

ホワイトニングをしてみたいけれど、実際に効果あるのかわからないという方はたくさんいます。この文章では、ホワイトニングの効果を解説していきます。
ホワイトニングはそもそも効果があるのでしょうか。テレビや雑誌などに出ている人たちの歯は非常に白くて綺麗ですが、これはホワイトニングの中でも最も白くする方法を選んでいるからです。つまり、一般人でも芸能人のような白い歯を目指すことができます。
歯が着色し、黄色く見える理由はたくさんありますが、お茶やコーヒーに含まれる色素が付着することで黄色く見えることが多いです。このような色素に対して、ホワイトニングでは、過酸化尿素や過酸化水素を使って歯の色を白くしています。
ホワイトニングは、何度か繰り返すことでより白くなっていくため、綺麗になりたいという方は何度も繰り返すことがおすすめです。
ホワイトニングの効果を維持したい場合は、お茶やコーヒーを飲んだ後は水でうがいをすること、歯の定期検診を受けることなどに気をつけるべきです。
また、妊娠中及び授乳中の女性や、無カタラーゼ症の人や、歯の神経が死んでいる人、歯に詰め物している人はホワイトニングを行うことができないので注意してください。

ヘルペスについて知ろう

ヘルペスは誰でも発症する恐れがあるものです。特に唇に症状があらわれる口唇ヘルペスは、知らず知らずのうちに発症しているケースが多いと言えます。

これを発症している人と食器やタオルを共有するだけでも移る恐れがあり、一度発症してしまうと何度も再発が起こることが多いです。

皮膚がピリピリしたりチクチクしたりする場合、赤く腫れたり水ぶくれができたりする場合、かさぶたができている場合などは発症している可能性があります。普段は平気でも免疫力が低下したときや紫外線を受けたとき、ホルモンバランスが乱れているときなどに症状を繰り返すことも多いです。

該当する症状があると感じられる場合は、早急に医療機関を受診して治療薬を出してもらうことをおすすめします。

歯を磨いた後の歯ブラシには雑菌がいっぱい!

毎日3回歯磨きをしている人もいますが、磨いた後の歯ブラシは水で洗ってそのままという人が多いです。実は歯ブラシにはおよそ1億個の雑菌が付着しており、口の中に入れるとそのまま菌が体内に入り込んでしまいます。ストレスや疲労で免疫力が低下しているときには歯肉炎などの病気になるリスクが非常に高くなるため、注意が必要です。
歯磨きした後、水で流すだけでは不十分であるため、水で10秒間流した後さらに10秒ほど指でブラシ部分をよくもみ洗いすると汚れが落としやすくなります。洗い終わったら乾燥できる場所、他のブラシと接触しない場所へ置くことが重要です。直射日光に当たるところの場合、紫外線で消毒できる可能性があるといいます。丁寧に手入れをしていても汚れは徐々に蓄積されるため、1ヶ月に1度は交換していつでも衛生的に使うことも大切です。

治療時間重視の歯医者さんには要注意

コンセプトが不明瞭で診療科目が多すぎて何が得意分野・専門分野なのかわからず全てが中途半端、いつも混雑していて予約が取りにくく待ち時間が長い、ホスピタリティーやインフォームドコンセントに重きを置いていないなど、行くべきではない歯医者さんの特徴は幾つかありますが、治療時間重視の歯医者さんも要注意です。治療時間の短さをウリにしている歯医者さんは一見すると良いイメージになりがちですが、治療時間が短くても治療期間が長い場合がほとんどで、結果的に治療費がかさみ不経済で不効率です。回転速度をアップすることだけを考えた診療で、患者さん一人一人に向き合う時間も短くて利益至上主義に陥っている歯医者さんは巷にあふれています。

歯科医院へ足を運ぶタイミング

皆さんはどのタイミングで歯科医院へ足を運びますか?一番多いのは「歯の痛み・口腔内の異常・義歯の不具合」等が起きてからではないでしょうか。

もちろん中にはかかりつけの医院から届いた定期検診の手紙を確認し、定期的に足を運んでいる方もいらっしゃるかと思いますが、そう多くはないでしょう。定期的に健診を受けることで、歯を残しやすくなります。

近年ではインプラントをはじめとする技術も発達していますが、元の歯を良い状態で残せればそれにこしたことはありません。

良い状態の歯が増えれば選択肢も増えることになります。

かかりつけの医院を選ぶには病院が通いやすい場所にあるか、治療内容が自分にあっているか等を調べたうえで決める方が良いでしょう。

歯ブラシの選び方について

歯ブラシは自分の口に合ったものを選ぶことが大切になります。くちの小さな方の場合には、大きなヘッドの歯ブラシを使用すると、奥の歯や細かい箇所までブラッシングすることができなくなってしまうので、歯石がたまったり虫歯の原因になったりします。

細部までブラッシングすることが重要になるので、毛先が細いものがおすすめです。毛先が細いと歯周ポケットまで効果的にブラッシングすることができるので歯周病などの予防に繋げることができます。

歯ブラシの毛の固さも重要になり、固すぎる毛だとデリケートな歯ぐきを傷つけてしまう恐れがあるので、できるだけ柔らかい質感の歯ブラシを選ぶようにすると、歯ぐきへの負担を減らすことができます。

高齢者は歯科に定期的に通ったほうが安心

歯に痛みなどを感じると歯科を利用するケースがありますが、歯に痛みを感じたりする前にから積極的に歯医者を利用したほうが健康を守れる可能性が高いです。歯のトラブルで有名なのは虫歯になりますが、歯周病も放置してはいけない病気になります。歯周病を放置すると認知症などの原因になる可能性もありますから、歯科を利用して歯にトラブルが起きないように早めに対策しておかないといけないです。

高齢者になると認知症と歯周病のリスクが高くなりますから、予防をするためにも定期的に歯科を活用するのが大切になります。若年層も虫歯や歯周病で他の病気を併発することがあるので、高齢者だけでなく若い人も歯科で検診を受けておくと安心できる筈です。