認知症予防にガムを噛もう!

「認知症」と呼ばれる用語は、最近、使われるようになった医学用語なのだそうです。超高齢化社会における日本では、今後、認知症の高齢者の割合が増加していく傾向にあるだろうと言われています。認知症予防の関連書籍が数多くみられる中、ガムを噛む事が、認知症予防につながるといった特集をみつけました。実際は、ガムを噛むという行為に限定されるのではなく、「咀嚼」そのものに、認知症予防の働きがあるようです。「咀嚼」とは、分かりずらい表現かもしれませんが、皆さんが食事をする際に、必ず行っている「噛む」という行為になります。「噛む」時に大切なのは、健康な「歯」であるのですが、この歯を失う事こそ自体が、認知症を引き起こす原因の1つであるとも考えられているようです。人間が、食べ物を「噛む」際に、口元を動かす事こそが、脳への血流を起り込むポンプのような働きをしているようで、歯を失う事でポンプが弱まり、血流が脳までまわりにくくなることで、脳への刺激が減少してしまうのだそうです。脳は刺激を受けて活発化され、集中力や記憶力が高まるといった特性があることから、認知症予防として、「ガムを噛む」ことが推奨されているようなのです。ガムを噛むという事は、認知症予防だけではなく、集中力を高めたい場面や、よいパフォーマンスを試みたいシーンで、活用される事が多いようです。例えば、アメリカのメジャーリーグなどで、野球選手が試合中にガムを噛んでいる姿をテレビ越しにみかけたことはありませんでしょうか?あれは、ガムを噛む事で、精神や筋力をリラックスさせ、集中力を高めよけいな力がはいらないような良いパフォーマンスをみせるために、ガムを噛んでいるのだそうです。日常生活の中では、自動車の運転を行う時など、集中力を高めたい時に活用できそうですね。ガムを噛む為には、健康的な「歯」が必要です。認知症予防の為に、「歯」の定期検診を行う事を推奨している、専門歯科医もいるようですので、様々な世代の人々に歯科検診の習慣を身につけて頂ければなと考えています。

時間厳守と都市の暮らし

現代社会の人々は、時間に追われるような毎日を送っているような人々が多くいます。都会的な暮らしの中では、1分1秒刻みで行動するような感覚で、日常を過ごしている人々もいるかもしれません。世界は広いものですから、待ち合わせをしたとしても予定を忘れてしまったり、1時間ほど遅れてくるのが一般的であったりなど、国民性や文化、風習の違いは多々あります。ですが、日本社会における都市に生活する人々にとって、時間を守る事は、一般常識として考えられています。そのような時間厳守が必要な場面としては、ビジネスの場などでは当たり前のような約束ごとですが、その他にも、歯科クリニックをはじめとする病院の予約、美容室の予約、エステやマッサージ施術予約、レストランの予約など、様々な時間厳守があります。日本の都市で暮す人々は、多くの時間に厳守における時間の拘束に縛られるような暮らしに囲まれているといっても過言ではないかもしれません。皆さんは、このような時間厳守の生活をどう考えながら生活していますか?

虫歯は歯科へ、では「依存症」は?

喫煙する人にとってニコチンは、中毒症状をもたらすような依存性がるようです。喫煙をした事が無い人には、そのような感覚が伝わりにくいかもしれませんが、多くの禁煙を試みた人々が、途中で断念してしまう原因はこの依存性にありそうです。喫煙に限らず、依存に関する問題は、様々な社会問題として語られていますが、「依存症」に関係する多くのものは、専門的な知識が必要とされるが故に、個人的な解決や、家族間においての完結した解決には結びつかないことがほとんどであると言われています。薬物、アルコールなどにおける依存症は、その人自身のライフワークを失ってしまうだけでは留まらず、家族、恋人、友人など、関わる事となる周囲の多くの人々を巻き込んでしまうというような状況が発信されています。「依存症」に関する解決方法は、その知識をもったエキスパートに、まず相談を持ちかける勇気が重要な第一歩となるようです。ご家族や、恋人、友人が、何かしらの「依存症」であるという事実は、どうしても世間の目から隠したいと考えるのが、世の常ではありますが、個人的な家族間などの繋がりの中では、「依存症」を克服する解決には辿り着かない事がほとんどであるという事実が公に認知される必要性を感じています。虫歯や歯周病の治療の際は、歯科医院、鼻炎や鼻づまりには耳鼻科などの専門機関を受診する事が当たり前であるように、身近な人の「依存症」の疑いは、まず専門機関への受診、相談を行う事が重要であるようです。また、「依存症」に関する専門機関への受診においての重要なポイントは、患者となる本人以外の、周囲でサポートを行う家族や恋人、友人など、サポートする側の受診も必要とされる部分であります。皆さんが、風邪をひいたら迷わず内科クリニックや耳鼻咽喉科を受診するような形で、「依存症」へのサポート方法が、世間一般に認知される日を願っています。

お口のリハビリは、口角を上げて

年齢とともに、お口のトラブルに悩むといった人々を周囲にみかける事が多くなるのではないでしょうか。「口臭」「口内の乾燥」「入れ歯が合わない」「歯がグラつく」など、お口のトラブルを解消するべく、歯科受診の回数が増える事もあるかとは思われますが、定期的な専門医の診察の他にも、皆さん自身が取り組むことのできるお口のリハビリなどがある事をご存知ですか?お口のトラブルは、何かしらの症状として現れたタイミングの時点では、既に、歯周病が悪化していたり、食べ物の味が分かりにくくなっていたり、誤嚥をしやすくなっていたりと、さらなるトラブルを多く抱えているようなケースもあります。日頃の歯磨きなどと並行して、お口のリハビリを行う事は、皆さんが毎日、美味しく食事をする為には欠かす事のできない、お口トラブルの予防になります。いくつかご紹介してみますので、気になったリハビリ方法を、日々の生活の中に取り入れてみて下さい。歯を磨いた後に、鏡に向かって、大きく口を開いたり閉じたりします。横に開いたり、タテに開いたり、窄めたり、皆さんが想像していた以上に、口の動きには表情がありませんか?口の動きがよくなりましたら、舌を思いっきり出してみて下さい。そうです、あっかんべーのスタイルです。幼少期に楽しんだあの動きは、実は、お口のリハビリでもあったのです。企業の新人研修などでもレクチャーされますが、「ハッピー」「クッキー」「ウィスキー」など、口角を自然と上げる効果のある、単語を鏡の前で唱えてみる事も良いリハビリにつながります。お顔全体の血流も良くなって、なんとなく表情も明るくなりませんか?高齢者にだけでなく、日頃から、オフィスでパソコンと睨めっこをしている、OLさんなども、このようなお口のリハビリによって、表情をゆるめるとストレスの軽減につながるのではないでしょうか。毎日のルーティーンの動きをする事で、気持ちが前向きになったり、ポジティブな活動につなげていける事も、良いリハビリ効果につながっていくのではないでしょうか。

日本人の歯医者のイメージ

日本国民は、平均寿命が世界的にみても長寿であることは有名ですが、実は先進国としての「歯」の健康長寿からは、ほど遠い結果であるというようなデータもあるようです。日本人の大半の人々は、お口のトラブルを抱えてから歯科に掛け込むといった人がほとんどで、歯の定期検診を行っている人が少ないというのが現状のようです。歯の痛みや炎症がないのに、どうして歯医者さんに行かなくてはならないのだというような考えが、根底に根付いているのかもしれません。世界的に、口腔衛生の先進国などは、デンタルケアに関する知識が、国民の1人1人に行き届いているからこそ、歯科クリニックは、歯のお掃除をする場所であるという認識が強く、定期的に歯のメンテナンスを行う事が、歯科クリニックの本分であるといったような認識が強いようなのです。日本人は、歯医に行くと、痛い治療が待っているといういようなイメージを語る人が多いですが、そうではない国々があるのです。歯科クリニックの役割や存在に対するイメージの違いは、「歯」の健康を考える上での取り組みに大きな違いを生み、日本人の「歯」の健康を守る取り組みが、先進国の中では遅れをとっているといった証明になっているようです。「歯」の健康を保つ為には、日ごろのケアやメンテナンスが重要なのであって、治療が重要な訳ではないのです。歯の治療は、致し方が無い理由の元に行われるのであって、日常における定期的なメンテナンスを心掛ける事で、痛みを伴う治療を予防できるという認識を強くもつ必要性がありそうです。

老人性の口臭と歯周病ケア

皆さんが人前に出た時に気になる「口臭」は、ニンニクやニラなどの匂いのキツイ食べ物を食べた時の匂いと、歯周病などのお口のトラブルからくるものがあるようです。お年寄りや、加齢臭と言われる独特な匂いにも、お口の匂いは含まれているようですが、その原因が、歯周病であるという事に気付いていない人は少なくないようです。例えば、寝たきりの高齢者が、お風呂に定期的に入っても取り切れなかった匂いが、実はお口の匂いであったというようなケースがあるようです。歯周病からくる匂いは、生ゴミのような匂いがするといったような表現をするほど、強烈な匂いを発生させていると言います。この歯周病の匂いは、歯科クリニックなどで、専門的なクリーニングを定期的に行う事で、ある程度のケアができるもののようです。寝たきりのご高齢者などは、訪問歯科診療などを利用する必要があるかもしれませんが、歯周病の匂いには専門的なデンタルケアが必要不可欠であるようです。特に日頃の口腔ケアが困難である寝たきりのお年寄りは、歯周病が悪化しやすくもなるようですので、出来る限り訪問歯科診療などを利用して、お口のケアを試みたいものです。もし、身近なお年寄りのお口の匂いに気が付いたら、歯周病である事を疑ってみましょう。歯周病は、正しいデンタルケアを行うだけでも、匂いの改善がみられるようです。

最終兵器「あんた口臭いよ」

もし、皆さんの身近人の口臭が、生ゴミのような匂いを発していたら、「歯周病」の疑いをかけてあげて下さい。もちろん、「あんた口臭いよ」とは言いにくいでしょうから、「最近、歯科へ行った?」などといって、なんとなく、歯医者さんの話題を振ってみる事も良いかもしれません。デンタルケアの話から、それとなく、歯医者さんへ定期検診に行きたくなうような気持ちを刺激するといったようなオブラートに包むような方法はいかがでしょうか?それでも、うまく、伝わらなかったら、仕方がないので、「あんた口臭いよ」とストレートに告知してみるのもアリですが、そこは、人間関係を温厚に保つ意味も含めて、「歯周病」の話をしてみるのはいかがでしょうか?

「歯周病」は、40代以上の人々の8割ほどの人が発症しているにもかかわらず、その自覚症状が無い為に、歯医者さんへ行く時期が遅れててしまい、最終的には、大切な歯を失ってしまうような事になるから、40代を迎える前から、定期的に歯科でのクリーニングや、検診が必要なのだというような事を、さりげなく伝えてみてはいかがでしょうか?これでも、当の本人が歯科検診に興味をもたないのであれば、認知症の話題を持ち出してみてください。認知症と、歯周病は、人間のメカニズムの根深い部分で結びついていて、歯周病の予防を怠ると、認知症の発生リスクが、高まるといったようなデータが出ているのだというような説明をしてみて下さい。誰しもが、健康で長生きが夢でありますし、歯科検診が認知症予防につながると聞いたら、おもむろに歯科検診に出掛けたくならないでしょうか?それでも、デンタルケアに興味をもってもらえなかったら、仕方がないです。「あんた口臭いよ」の一言をお見舞いしてみましょう。その一言で、歯科検診に出向いた友人から、あの時の勇気ある一言をありがとうと、後々に、お礼と菓子折りが届いたら、本物の友人になれるかもしれません。

健康は口内環境のバランスから

皆さんが、風邪をひく全長として、喉の痛みや鼻水、くしゃみなどの症状が現れ始めるのではないでしょうか。喉の痛みなどが発生するのは、喉に炎症が起こっているシグナルになるのです。これは、お口や喉の中に住み家をもっている、細菌などが、炎症を起こすと言われています。お口や喉には、常に細菌がいるのですが、このような細菌は、「常在菌」などと呼ばれています。このような「常在菌」が、免疫力など、体力の弱っている時に、身体の中で暴走しはじめ、喉に炎症を与え、さらに身体の奥まで入っていこうとするのです。常日頃から、体力を付け、免疫力を高めるような生活を心掛ける事が重要ですが、お口の清潔を保つことも大変重要なポイントです。お口の中の「常在菌」には、「悪玉菌」と「善玉菌」がいるのですが、常に「善玉菌」が優勢であると、「悪玉菌」は、炎症を起こすなどの悪さは行わないのです。ですが、逆に「悪玉菌」が増えてしまうような環境を、お口の中に作ってしまうと、「悪玉菌」が暴れ出し、喉の炎症が痛みとなって現れてくるのです。毎日の歯磨きは、歯の健康の為だけではなく、皆さん自身の健康を支えてくれる大変重要な予防ケアであるのです。また、毎日の歯磨きにプラスαとして、定期的に歯科クリニックなどで、お口の中の専門的なクリーニングを行う事で、快適な口内環境を保つようにしましょう。

洗ロ液の使い方


洗ロ液は、口に含んですすぐことで、口内を清潔に保つ効果があります。口内を爽やかにするだけではなく、虫歯や歯周病を予防できるもの、口臭を減らすものなど、その効果はさまざまです。ただし、あくまで歯磨きの補助として使うものですので、歯磨きの代わりとして使うことはできません。普段の生活の中では、眠る前に口内を清潔にしたいとき、リフレッシュしたいときに多く使われています。歯磨きのできない非常事態などにも、あくまで繋ぎとして使うことができます。洗ロ液は、物によっては刺激が強いため、苦手意識を持っている人もいるかもしれません。しかし最近では、低刺激のものや子どもでも使えるもの、ノンアルコールの成分の洗ロ液も市販されています。災害時にも使えますので、検討してみても良いかもしれません。
洗ロ液と似たものに、液体歯磨き粉があります。大きな違いは歯ブラシを使うか使わないかというところにあります。洗ロ液は「口をすすぐもの」ですので、歯ブラシは必要ありません。一方、液体歯磨き粉はあくまで歯磨き粉の一種ですので、歯ブラシを使って磨かなくては意味がありません。
洗ロ液が活躍する場面のひとつとして、妊娠期が挙げられます。妊娠期はホルモンバランスが変化しているため、虫歯や歯周病になりやすい時期とされています。特に歯のケアをしっかり行わなくてはなりません。しかし、人によってはつわりの影響で、歯ブラシを口に入れられないという人もいるそうです。その時には無理をせず、洗ロ液ですすぐという方法がおすすめです。口をすすぐことでリフレッシュができますし、刺激の少ないものであれば口内を傷つけることもありません。あくまで普段の歯磨きのプラス要素として、生活に取り入れると良いでしょう。

医薬部外品の歯磨き粉

一般的なスキンケア用品などは、医薬品、医薬部外品、化粧品の三種に分かれています。医薬品は、病気や怪我などの「治療」を目的としています。厚生労働省によって定められており、有効成分から効果が期待できます。病院で処方される薬や、薬局で買う風邪薬などが該当します。医薬部外品は、治療の目的ではなく、防止や衛生を保つために作られています。厚生労働所が定めた有効成分を決まった分量で配合しており、薬事法の下で、成分や用法、安全性などが特に厳しく規制されています。日常的な不快感を緩和する入浴剤や、肌荒れを防止するための薬などが該当し、医薬品と比べて作用は穏やかですが、何らかの効果を発揮します。安全性が高く、従来の化粧品に薬用成分を加えたものも医薬部外品として扱われます。化粧品は、医薬部外品と比べて効果が緩やかで、清潔や美化などが目的とされています。薬用ではないため「にきびを防止する」などの効果をパッケージに記載できません。

歯磨き粉はこのうち、化粧品か医薬部外品として分類されています。特に記載のない歯磨き粉は化粧品、ここに薬用成分を配合した薬用歯磨き粉が医薬部外品とされるそうです。薬用の歯磨き粉の場合は、抗炎症効果や殺菌効果があるものが一般的です。歯槽膿漏や歯肉炎の予防などに効果があり、歯科やドラッグストアなどで購入できます。他にも虫歯の抑制に効果のあるフッ化ナトリウム、着色汚れを防止しやすいポリエチレングリコールなど、成分によっても効果は変わってきます。医薬品か医外部薬品かは、パッケージなど分かりやすい場所に必ず記載されています。自分の目的に合ったものを購入し、迷った場合はすぐに歯科に相談をしましょう。